岐阜で骨盤矯正・産後におすすめ!小尻骨盤引締め

産後の小尻骨盤引締め

産後の骨盤はなぜ広がる?

妊娠初期よりリラキシンと言われるホルモンの血中濃度が高くなり、仙腸関節を緩めます。仙腸関節が歪むことで、妊娠中の腰痛やお腹の張り・恥骨の痛み・脚のつけ根の痛み・坐骨神経痛・逆子にまで影響すると言われています。
出産時の仙腸関節がいちばん緩く半年程で落ち着いてきますが、同時に生活の習慣次第で広がり癖・歪み癖がついてしまう時期でもあります。

産後の骨盤矯正と産後の骨盤引締めとの違い

産後の骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正して腰痛その他の症状を防ぐのが狙いです。
当院の産後の小尻骨盤引締め矯正は、適切な時期に産後広がった骨盤を引締めておくことで、大尻・下半身太りを防ぎ、キュッと締まった小尻~スリムな下半身を目指すための矯正です。

産後に骨盤の歪みだけを矯正しても、引き締めなければ小尻にはなりません。
ポイントとして、下半身の痩身や小尻を目指すには、腸骨の広がり&坐骨の広がりの2ヶ所を引き締めることがカギとなります。
最近では骨盤下部を締めるベルトをよく目にするようになりました。
骨盤底筋の保護をするには良いと思いますが、ベルトを巻く位置は大腿骨 ( モモの骨 ) が邪魔をして締めにくく、強く巻けば下半身に血流が悪くなりますので、緩めに巻いているのが実情です。
これではいつまでたっても骨盤は締まらないのでは?

産後いつから骨盤の引き締めができるの?

産後1ヶ月くらいから引締めると効果大です。
産後 1 ヶ月~半年程にかけて徐々に締まっていきますので、月2回の産後の骨盤引締め矯正をされることで、キュッと引き締まった小尻に仕上がっていきます。
その後も 1 ヶ月に 1 度継続して引き締めておくことで、下半身の体型維持も可能となります。
また、産後でなくてもからだの柔らかい方は関節がよく動きますので、50 代の方でも引き締めることができます。
からだが固い方や歪み・広がり癖が強い方は根気を持たれて続けていく事をおすすめします。

小尻骨盤引締めの実例を見る

妊婦さんの骨盤矯正

妊婦さんと腰痛

『妊娠半ばくらいから、腰が痛くて動くのもつらいんです』と、妊婦さんが腰痛になるという話はよく耳にします。
妊娠してお腹が大きくなるにつれて、腰に負担がかかるため腰痛になりやすいと考えられがちですが、実際はお腹が目立つくらい大きくなくても、腰痛が起きるケースも多いものです。
妊婦さんの腰痛の原因は、大きく分けて 2 つになります。
1つ目は、妊娠に伴うホルモン分泌の影響によるもの。
2つ目は、お腹が大きくなることで重心が変化し反り腰となり、筋肉の疲労も回復しにくく、関節への負荷が強まるためです。
妊娠をすると『リラキシン』というホルモンの分泌が盛んになります。
赤ちゃんが生まれるためには、狭い骨盤を通過しなくてはなりませんので、骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに降りてくることができるように作用するのが、この『リラキシン』というホルモンです。
靭帯は関節を支えていますが、この靭帯が緩むと支えが不安定になり、その周囲の筋肉が硬く緊張してしまいます。
骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になり、結果的に腰痛の発症へ繋がると考えられています。
『リラキシン』は、妊娠初期から分泌されるため、お腹が大きくない時期にも、腰痛を起こす可能性があるということになります。
お腹が大きくなるにつれて、重心のバランスを保つために、自然と腰を反らせたような姿勢になります。
すると骨盤の傾きにも変化が生じ、腰椎や腰を支える筋肉の負担が増加します。
このような姿勢になったとしても、腰痛にならない妊婦さんもいますが、妊娠する以前から腰に問題があった人は、腰痛を再発する可能性があります。腰痛の他にも、足の付け根やお尻の痛み、太ももの方へのしびれなどを訴えることも頻繁に起こります。これらは、骨盤の歪み・捻じれが関わっていることが多い様です。
数回の骨盤矯正で良くなりますが、妊娠中はたえず不安定ですので、継続して骨盤矯正を受けられますと、安定したマタニティライフが実現します。

妊娠中の腰痛対策法・予防法

腰痛の発症や悪化には、腰を支える筋肉の血行不良や骨盤の歪みやズレが関係します。その部分は筋肉の働きが悪く、腰部の筋疲労は回復しにくくなります。
ですから妊娠前から適度に体を動かしたり、骨盤矯正を受けられたりと、腰を支える筋肉の血流を良くしておき、疲労をためない状態にしておくことが第一の予防法となります。
また、妊娠後もできるだけ運動不足にならないように体を動かし ( 手軽にご家庭でできる腰回し運動など )、心も体もリラックスできるように心がけ、腰・背中の筋肉が緊張しにくい環境を作ることをおすすめいたします。
病院で推奨しているような、妊婦さん用のサポートベルトや腹帯などもありますが、筋肉により近い感じの生ゴム 100%でできた二重穴あきゴムベルトを使用されますと、関節の不安定性をサポートし、腰痛予防や痛みを緩和させる効果が高まります。

妊娠中の骨盤矯正

妊娠中はホルモンの影響で関節が緩くなるために骨盤は歪みやすくなります。
骨盤に付着した筋肉も引っ張られるので、当然お腹にも影響を及ぼすことになります。
お腹が張ると病院では張り止めの薬を処方されることになりますが、やはり胎児への影響や副作用がきになりますね。
実際手が痺れるなどの副作用は起きる様です。

当院では、妊娠中でも骨盤矯正をさせていただきます。
お腹の張り・逆子・つわり・腰痛・妊娠中のぎっくり腰・坐骨神経痛にも対応しています。

あなたの骨盤はどのタイプ?

小尻骨盤引締めの内容 (60 分)

  1. 骨盤の広がり検査
  2. 骨盤の歪み・ヒップアップ矯正
  3. 骨盤の引き締め矯正(当院独自開発
  4. お身体全身の揉みほぐし
  5. ご家庭でのケア方法の説明

その他、小尻骨盤引締め矯正・骨盤矯正に関する詳しい情報は、ブログにて順次公開しております。興味のある方はぜひそちらを閲覧くださいませ。